Skip to main content

Home/ Groups/ 3G iPhone
Toshiro Shimura

アップルのジョブズ氏:「P.A. Semiの買収はiPhoneのチップ設計のため」:モバイルチャンネル - CNET Japan - 0 views

  • システムオンチップは、ほぼその名のとおり、1つのチップ上にプロセッサ、メモリ、グラフィックスプロセッサ、ネットワーク、消費電力などの管理に必要なすべての制御チップの機能を搭載した、完全なコンピュータシステムのことだ。Texas Instruments、Samsung、NVIDIAなどのARMアーキテクチャ採用メーカーは、iPhoneなどのスマートフォン向けにARMのプロセッサコアをベースにしたSOCを製造しており、Intelも「Atom」プロセッサファミリで同様の路線を採用したいと考えている。
Toshiro Shimura

$199の脅威 ~間違いなく来るiPhone旋風~:宮田拓弥の東西ケータイ見聞録 - CNET Japan - 0 views

  • 単なる携帯電話でもなく、iPodでもない、iPhoneが199ドルというのは間違いなく大きなインパクトがある。日本でもいきなりこの3G対応のiPhoneが7/11に投入されるようだが、2万円ないしはそれを切る金額を設定してくることは間違いない(パートナーがソフトバンクだし。。)。そうすると、5万円くらいするスマートフォンは比較対象にさえならないという状況が想像される。

Toshiro Shimura

アップルの新通知システムが持つ真意とは?:スペシャルレポート - CNET Japan - 0 views

  • どのアプリケーションが最も使われており、開発者に特別ライセンス料をもたらしているかを調べない手はない。さらに、この情報を広告主などの第三者に販売し、よく使われているアプリケーションについては、広告単位やスポンサーシップを売って、価格を下げつつ、開発者を援助したらどうだろうか。この新しいデータトンネルは、単なる指標ではなく、ユーザーIDや課金情報も付属する、真の金鉱である。

     Appleは、ユーザーが10個以上のアプリケーションを追加すると見込んでいるに違いない。Appleは、利益を得るために、ユーザーがアプリケーションを追加することを当てにしているはずだ。問題は、データが300時間の広告付き無料期間を提供するためだけに使われるのか、それとも第三者に販売し、実地で調査を行わずに、新たな開発者の才能を吟味するために使われるのかということだ。

Toshiro Shimura

アップルは「BlackBerry」に引導を渡したか--「iPhone 3G」の強みを考える:スペシャルレポート - CNET Japan - 0 views

  • iPhone 3Gは、AppleがRIMに向けて放った最初の実弾だ。RIMはこれまで、自社には最強馬がいると確信していると語ってきた。もちろん、現時点ではそうかもしれない。しかし、7月11日にRIMがまだ自社の馬が最強だと言えるかどうかは分からない。

     第1に、iPhone 3Gは高速だ。RIMがすでに高速なBlackBerryを市場で販売しているとしても、それらはiPhoneではない。

     第2に、iPhoneでは、近いうちに、企業や個人がサードパーティーのアプリケーションを作成、インストールできるようになるだろう。RIMがすでにBlackBerry向けのサードパーティー製アプリケーション、あまり洗練されていないが同じようなプログラムを持っているとしても、それはiPhoneではない。

     第3に、iPhoneには、企業が待ち望んでいたビジネス機能が組み込まれている。RIMは現時点では最も企業に優しい企業であり、BlackBerryは多くのプロに選ばれている製品だが、BlackBerryはiPhoneではない。

Toshiro Shimura

iPhoneとケータイ・スタンダード:ケータイ時代のスタンダード - CNET Japan - 0 views

  • 日本でのiPhoneの普及について、個別の機能の有無で「流行らない、ウケない」という指摘は数多く見られるし、僕も細かい点では「難しそうだな」と思う点も多々ある。しかしiPodの時のことを忘れてはならない。iPodもウォークマン、MD全盛の時代に同じような指摘がなされていて、これをひっくり返してAppleも企業として息を吹き返した。

     詳しくは述べないけれど、その時見くびっていなければ、駆逐されるどころか、うまく連携してビジネスができたはずだ。

  • 幸いなことに、日本には「デュアルホルダー」という市場が育ちつつあり、$199、$299という価格帯は、デュアルホルダーに対するキラー端末になりそうで、その市場を「ホワイトプラン」で狙ってきたSoftBankがiPhoneを販売することにも合点がいく。

     1人2台を買って家族割引を組み、家族や恋人との24時間無料のホットラインを作る。SoftBankショップの店頭ですら、こんな使い方を勧めていたSoftBankである。データ通信を使いたくなるiPhoneを獲得することは、これまで2台で1960円/月しか取れていなかったデュアルホルダーから、約10000円/月(ホワイトプラン980円+パケット定額の上限約4000円の合計の2人分)取れることになる。

     Appleにある程度の金額を払ったとしても、新たな収入源をiPhoneのいいブランドイメージで獲得できるなら、サインしない手はない。また長らく続けてきた販売奨励金のモデルをやっとの事で崩したdocomoにとっては、難しい話であり判断になったのだろう。

Toshiro Shimura

本田雅一の「週刊モバイル通信」:日本版iPhoneの登場がもたらすもの - 0 views

  • 日本市場でもある程度スマートフォンという端末スタイルが受け入れられ始めていることや、端末の割賦販売(あるいはそれに近い料金プラン)が導入されたことなど、iPhoneが受け入れられやすい環境が整ってきていることなど、状況証拠は揃ってきた。

     もちろん、それだけが日本で発売されるという根拠ではないが、Web媒体やMac関連媒体、携帯電話媒体はもちろん、新聞社やテレビの報道局による取材合戦も加速している。火のないところには煙は立たないものだ。火がなければ煙が上がっても、すぐに消えていく。継続的に煙が立っているのには、それなりの理由がある。iPhoneを心待ちにしている読者がいるのであれば、日本市場への投入は近いと伝えておきたい。

  • 広く知られている通り、AppleはiPhoneにおいて月々の料金の一部を納めることを、ネットワークオペレータに求めている。さらにiPhoneを販売するのは携帯電話会社ではなくApple自身だ。iPhoneという、Apple独自の端末プラットフォームを整備するための協力金とも言えるこのスタイルを呑む必要がある。

     さらにデータ通信に関して新しい料金プランの設定が必要だ。すでに一部でスマートフォン向けのパケット通信割引サービスが始まっているとはいえ、常時接続でネットワークアプリケーションが走るiPhoneの場合、よりアグレッシブな(言い換えれば低価格な)定額パケット通信の料金プランが必要になろう。

Toshiro Shimura

Business Media 誠:携帯からのWeb利用率、iPhoneユーザーが突出 - 0 views

  • モバイルWebのサービス別にみても、同様の傾向がうかがえる。モバイルテレビや動画を視聴した人の比率は、携帯加入者全体の4.6%、スマートフォンユーザーの14.2%に対し、iPhoneユーザーでは30.9%。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やブログの利用も、携帯加入者全体の4.2%、スマートフォンユーザーの19.4%に対して、iPhoneユーザーでは49.7%。うち、人気SNSのFacebookへのアクセスは、携帯加入者全体では1.5%だったのに対し、iPhoneユーザーでは20%に上った。

     M:Metricsは「これらのデータは、iPhoneのインターネットベースのミニアプリケーションがモバイルコンテンツの利用拡大に効果的な手段だということを示している」と指摘

Toshiro Shimura

グーグル幹部が語るiPhoneとAndroid、ヤフーとの関係:ニュース - CNET Japan - 0 views

  • 日本でiPhoneを提供するソフトバンクモバイルは、Yahoo! Japanと同じグループに属しており、携帯電話向けサービス「Yahoo! ケータイ」で協業している。検索の分野でヤフーと競合するグーグルは、日本国内でもiPhoneに関われるのだろうか。

     この疑問に対し、Marissa Mayer氏は、「日本でもiPhone向けにGmailアプリを提供していく」と明言した。「iPhoneの日本市場での展開によるため、いつになるかはわからないが、提供する方向で取り組んでいく」。

Toshiro Shimura

「iPhone 3G」になっても音楽ダウンロードはWi-Fiで--製品ページで明らかに:モバイルチャンネル - CNET Japan - 0 views

  • AppleのiPhone 3Gに関するページによると、モバイル版iTunes音楽ストアは、今後もiPhoneのWi-Fi接続にのみ対応し、新しい3G機能は活用しないという。コンピュータを介さずに無線ネットワーク経由で音楽を購入できるiTunes Storeを(「iTunes Wi-Fi Store」と呼ばれる)、今後も完全なるWi-Fiサービスとして維持するというAppleの方針には、さほど大きな衝撃はないだろう。しかし、Appleはユーザーにより多くの音楽購入手段を提供する好機を逸したように思われる。
« First ‹ Previous 1401 - 1416 of 1416
Showing 20 items per page